文京学院大学 渡部ゼミ

渡部ゼミの概要 ~学生時代のチャレンジとしてのゼミ活動~

Created with Sketch.

 このゼミでは、「課題解決」に焦点をあて、「チーム」としてマーケティング的思考が重要となる外部の英語もしくは日本語でのプレゼンテーション大会に参加することによって「社会人基礎力」を養成します。
  また、担当教員の長年の外資系企業における実務経験も活用しながら、「就活」にも注力します。
  ゼミ学生は、参加した大会で賞を獲得するなど頑張っています。ゼミ内の「縦の繋がり」は極めて重要です。4年生には、大会参加・就活・卒論など多岐に渡って3年生への助言をお願いしています 。

ゼミ担当教授として一言

Created with Sketch.

  ゼミ生は「学生時代のチャレンジ」としてゼミ活動に取り組んでいます。日・米・欧の企業で勤務した私の信念として、渡部ゼミは「課題解決」に向けて「チームで活動」するゼミです。実社会では基本的に「チームで仕事」をします。また、課題解決力は、飛躍的発達が予想される人工知能にも困難とされている能力です。
  アフリカの格言に "If you want to go fast, go alone. If you want to go far, go together. "(速く行きたいなら、一人で行きなさい。遠くへ行きたいなら、皆で行きなさい)というものがあります。渡部ゼミはこの精神で運営されています。

  渡部ゼミの活動は、以下の3点に要約されます。

  1.  ゼミ生は数名ずつのチームを組み、各々の「課題解決のテーマ」を設定して活動する
  2. 活動の際は、自分たちの「課題解決に向けた提案」に関して、企業、NPO、大学などの外部組織に取材を行う、実地検証のため活動(模擬授業等)を実施する、ユーザーの声を聴くために街頭インタビュー・アンケートを行う、等の対外的行動を必ず行う
  3. これらの対外的活動によって「提案の実現性・現実性」を担保すると共に、取材依頼のメールや手紙などを通して「社会人としてのコミュニケーション能力」を養成する


 「渡部ゼミでチャレンジして、頑張った」ことを誇りに卒業していって下さい 

What's New 1: インナー大会で2年連続優秀賞

Created with Sketch.

ゼミ生が、インナー大会において昨年に続いて2年連続で優秀賞(全体2位)を獲得しました。 2021年は132チーム・653人が参加する中で、12ブロックに分かれて実施された予選を突破し、12チームが進出した本選・決勝でも立派に発表しました。チームの熱意と努力に敬意を表します。
こちらが本選発表の動画です
こちらが受賞時のプレスリリースです。
こちらが発表の瞬間の写真です。

What's New 2: 英語プレゼン大会で奨励賞

Created with Sketch.

ゼミ生が、第10回全国学生英語プレゼンテーションコンテストにおいて、1次予選、2次予選を突破し、本選・決勝進出を果たし、本選では奨励賞を受賞しました。 2021年は747人のエントリーがある中で、渡部ゼミとして初めての決勝進出となりました。決勝進出は、747人中17人でした。本編に加えてQ&Aも英語で対応したチームの熱意と努力に敬意を表します。
こちらが動画です
こちらが大会に臨むチームの写真です。
こちらが表彰状です

What's New 3: 英語プレゼン大会でTop50賞

Created with Sketch.

ゼミ生が、第10回全国学生英語プレゼンテーションコンテストにおいて、1次予選を経て2次予選で発表を行い、Top50賞を受賞しました。 2021年は747人のエントリーがある中で、渡部ゼミとして5年連続でのTop50賞受賞となりました。この結果、2021年の渡部ゼミは、インナー大会で優秀賞、プレコン大会で奨励賞とTop50賞を受賞するというトリプル受賞となり、全国でも唯一の実績を残しました。
こちらが動画です
こちらがチームが発表している写真です
こちらが結果発表画面のスクリーンショットです

渡部ゼミの到達目標 #1

事業戦略における基本的知見である、顧客セグメンテーション、ターゲット顧客層の設定とポジショニングなどの概念を具体的に説明することができる。

渡部ゼミの到達目標 #2

外部のマーケティング大会で提示される課題や問題点を解決するために、自分なりの戦略を提示することができる。

渡部ゼミの到達目標 #3

チームとして戦略案を構築するなかで、各自の考えの違いを摺り合わせ、一つの結論に持っていくチームワークを身につけることができる。